KUROSAKIあいどれす

アクセスカウンタ

zoom RSS 森の中の結婚式(31、32)

<<   作成日時 : 2008/07/10 00:01   >>

トラックバック 0 / コメント 0


■前回までのあらすじ
 やっと平和になりつつあるよけ藩国。 
 制圧も無事すんでの結婚式です。



さてさて…


/*/


黒崎克耶:
こんばんはー

猫野和錆:
こんばんはー

黒崎克耶:
今日はよろしくお願いしますー。

森沢:
こんばんは、よろしくお願いいたします。

芝村:
こんばんはー。

猫野和錆:
本日はよろしくお願いいたします

芝村:
記事どうぞ

海法:
こんばんはー

黒崎克耶:
【予約者の名前】04-00111-01:黒崎克耶:海法よけ藩国
【実施予定日時】08/07/09/21:00〜23:00
【ゲームの種別】小笠原ゲーム
【イベントの種別(時間):消費マイル】
 ・ミニイベント×2:40マイル
【予約の有無】予約 有り(10マイル)
【召喚ACE】(※生活ゲームのみ)
 ・ソウイチロー・黒崎:個人ACE:0
 ・久珂晋太郎(新婚):個人ACE:0
 ・海法ゆかり:個人ACE:0
 ・猫野月子:個人ACE:0

【参加プレイヤーの食糧消費】3マイル×4人
【合計消費マイル】計12マイル
【参加者:負担するマイル】
 ・03-00045-01:久珂あゆみ:FEG:入学済:0マイル
 ・04-00080-01:海法紀光:海法よけ藩国:入学済:0マイル
 ・04-00092-01:森沢:海法よけ藩国:入学済:0マイル
 ・04-00111-01:黒崎克耶:海法よけ藩
 ・11-00652-02:猫野和錆:玄霧藩国:入学済:0マイル

枠つき2時間を使う予定です。

ボーナス:枠つき2時間根拠URL
http://p.ag.etr.ac/cwtg.jp/bbs2/18702

4人分の食費は
黒崎克耶の個人マイル12マイルから消費します。

芝村:
はい>12マイルね。OK

久珂あゆみ:
こんばんはよろしくおねがいしますー お祝いもってきたので いくつかl:通させていただけませんでしょうか

芝村:
OK>あゆみ

黒崎克耶:
は、自分ももってきたものがあります

高渡さんおさきにー

芝村:
どうぞ

久珂あゆみ:
l:久珂夫婦の手作りウェディングケーキ=久珂夫婦がいちゃいちゃしながら作ったケーキ
l:久珂家にはこの家では新鮮な食材を使って、おいしい料理を作ることができる。という特殊がついている=この家で作られた料理はおいしい
l:久珂晋太郎は料理が得意である=久珂晋太郎の作った料理はおいしい
l:久珂あゆみは愛のエプロンを所持している=料理作成時に修正がはいる

l:久珂夫婦の調理時評価={
久珂晋太郎新婚 24+帯同4
久珂あゆみ新婚 24+帯同1+愛エプ3


お祝いページ
http://tkt.lix.jp/10/kuro-k.htm

黒崎克耶:
どうぞ、がぬけてましたorz

久珂あゆみ:
よろしくおねがいします(笑 わたしがんばった!

黒崎克耶:
うわーありがとうございますー><

芝村:
はい。

猫野和錆:
#かわいいなあ

黒崎克耶:
では自分たちが用意したものをだします

http://bluebluered.at.webry.info/200807/article_2.html

森沢:
#うわー可愛い!

黒崎克耶:
#なにかのってるー@@

久珂あゆみ:
ウヒヒ

黒崎克耶:
もったいないwwww

猫野和錆:
マジパン、いいなあw

黒崎克耶:
あ、それと
先日アイドレス・アイテムショップにてピドを2つ購入しました

芝村:
はい。

黒崎克耶:
海法さんと森沢さんが飲みます。

海法 :
飲みますー

森沢:
飲ませていただきます=

芝村:
海法子と森沢男すか?

黒崎克耶:
いやw
もどってないんです。なりそこなってから
あ、いいのか@@

森沢:
なので、それから海法男と森沢子になります

久珂あゆみ:
あ、あれ?(笑 海法さんおんなのままゆかりと

黒崎克耶:
http://gamechaki.kotonet.com/iishop/log/0807-1.txt

これが購入根拠URLです

森沢:
#それでプロポーズ受けたゆかりちゃんも太っ腹です!

黒崎克耶:
#わすれてたんじゃないのかw

猫野和錆:
#愛だなあ。愛

海法:
※お金がなかったんじゃー

黒崎克耶:
#うひひひ

芝村:
いや。まあ、みんなを不幸にするのは簡単なんで、だまっておいてやろう

海法:
え、なんですか?

芝村:
んで。イベントは?

黒崎克耶:
あ、森の中の結婚式でおねがいします。

芝村:
Ok

2分まってね。

黒崎克耶:
はいー

久珂あゆみ:
ちなみにネコリスはたぶん# でかかれた台詞よめます

黒崎克耶:
Σ

猫野和錆:
さすが・・・!なのだろうか

黒崎克耶:
おおー@@

久珂あゆみ:
たぶんですがっ

黒崎克耶:
気配でわかるんじゃないかしら;

説得のときもそうだったし>#がわかる

久珂あゆみ:
うん

黒崎克耶:
まぁきょうは楽しくいきましょう〜

久珂あゆみ:
ういういー

森沢:
はーい

/*/

ここは、よけ藩の森です。

人の気配は、もはや絶えて久しいが、森だけはまだ、残っている 


ソウイチロー:
「静かでいいじゃないか」

その声も、ずいぶん遠くまで届いている。 


海法:
(暗い顔してもしょうがないんで、胸をはっていよう)

久珂あゆみ:
「今日はおまねきいただきありがとうございました」

黒崎克耶:
「静かですけどちょっと寂しい気がしますね」

Q:時間はリアルと同じでしょうか?

猫野和錆:
「今日はお招きいただきありがとうございました」(黒崎さんとソウイチローさんにお辞儀します

A:時刻は14時だよ

ソウイチローは頭を下げた。


黒崎克耶:
同じく頭をさげます

森沢:
「ほとんどの方は、初めまして。今日はよろしくお願いいたします」

ソウイチロー:
「悪いな。こんなときに式をあげて」

猫野和錆:
「いえ、とんでもありません。本当におめでとうございます。」(うれしそうに二人を見ながら

黒崎克耶:
「こんなときだからこそ明るい話題で国を盛り上げるのも悪くないと思いますよ。ソウイチローさん」

ソウイチローは少し微笑んだ。 


海法:
「というか、国の事情でのびのびにさせてしまってすいません。黒崎さんもおっしゃってる通り、こんな時だから歓迎です」

久珂あゆみ:
「お祝いのケーキも頑張って作ってきましたvいい式にしましょうね」

ソウイチローは集まった人を見た、10人に満たない。 


森沢 :
「ずっとお式を挙げるのを、他の方の支援のためにのばしていらっしゃったのですもの。本当に、今日の良き日を迎えられて嬉しいです」

黒崎克耶:
横でにこにこしてます

ソウイチロー:
「逆だ。早く結婚したかったのさ。できればまあ、幸せに」

「今はまあ、妥協できるぎりぎりの状態だな。できれば10万人にでも、見せびらかしたくはあった」

黒崎克耶:
「幸せですよー。これからもずっと幸せになりましょう」

ソウイチロー:
「ああ」

久珂あゆみ:
(にこにこして嬉しそうにみてます)

黒崎克耶:
「にゃー(照々」

猫野和錆 :
ニコニコ笑ってお二人を見てます

#今回、特に宗教的行事はないです。進行は海法がやります 


森沢:
「あ、忘れていました。黒崎さん、お二人につまらないものですがお祝いです」(黒崎さんに、こっそり手渡します)

http://nyan2.amatukami.com/bbs/data/2448.jpg

黒崎克耶:
「わーい!ありがとうございますー!森沢さんー」

早速つけます

「ソウイチローさんにもつけましょうか?」

ソウイチロー:
「ああ」

ソウイチローは笑っている 


黒崎克耶:
では青いほうをソウイチローさんにつけます

森沢:
「本当にソウイチローさんにはお世話になって」(深々と頭を下げます)

猫野和錆:
「いかん、紅茶くらいじゃ全然お祝いが足りなかったかもしれないな・・・」(苦笑

海法:
「じゃ、ちょっと、やってくるね」、と、ゆかりに声をかけて。前に出ます。

ソウイチローは微笑んだ。 


久珂あゆみ:
「(黒崎さん綺麗ですね)」と晋太郎さんにささやきます

ゆかりの姿は見えないね
 

猫野和錆:
r:月子さんを目で探してみますー

晋太郎:
「そう?」(この人はいつもこんな感じ)

月子はいるね。にこにこしてる。

綺麗なドレス姿だ


海法:
(携帯で問い合わせメールを打ちつつ。うしろむいて、頬叩いて、気合い入れ直して、いつもの顔に戻って)

森沢:
r:念のため、不審な動きがないか、あたりを注意しておきます

黒崎克耶:
「では陛下、よろしくお願いしますー」

猫野和錆:
「月子さん久しぶり。」(近くにいきますー

「二人とも素敵だね」

メールは届かないね。このあたりは携帯効かない

小さく木々が揺れている。


月子:
「うん」

黒崎克耶:
(あたりを見渡します)

前夜の雨で、森はいっそう深い緑を示している。 


海法:
「では、これより黒崎ソウイチロー、黒崎克耶の結婚式を行います」

猫野和錆:
「月子さんのドレスもすごいかわいいよ。びっくりした(小声でうれしそうに」

湿度は少し高めだが、木々を渡る風で、さほど不快ではない 


黒崎克耶:
#へいかー名前ちがーう

久珂あゆみ:
(かわいいっていってもらえていいなぁ 笑)

海法:
#ソウイチロー・黒崎か

黒崎克耶:
「陛下ーソウイチロー・黒崎ですよ(と小声でいいます)」

月子は指先に指を当てている 


海法:
「ソウイチロー・黒崎、黒崎克耶の結婚式を行います」

久珂あゆみ:
こう 差し込む光とか綺麗そうですね!

猫野和錆:
r:本当にうれしそうに月子さんに笑いかけたあと、司会とお二人に注目します

黒崎克耶:
@@してますけど

ソウイチローは微笑んでいる。

木々が揺れた 


黒崎克耶:
気を取り直して微笑み返します

海法:
「友人代表の久珂あゆみさんから、お祝いと、一言祝福をどうぞ」

久珂あゆみ:
Σ

黒崎克耶:
#ふった(笑)

森沢:
r:ゲストの後ろに下がって、周りを警戒しつつ式を見守ります

黒崎克耶:
にこにこ

猫野和錆:
r:ささやかに拍手します

久珂あゆみ:
「わあ!…えーと。(こほん) 克耶さん ソウイチローさん 今日はお二人とも本当に素敵です。
 このよき日に式に参加できること嬉しく思います。 (にこっと笑って)これからもめいいっぱいお幸せにーー!!」

晋太郎はくすくす笑ってる 


森沢:
r:拍手します

海法:
「参列者の方は、どうか、もう少し前のほうにどうぞ」(揺れてる梢のほうへ声をかけます)

猫野和錆 の発言 :
r:拍手しておめでとうー!と声をかけます

久珂あゆみ:
えー!(照れます)

黒崎克耶:
「ありがとうございますー!(笑顔で」

芝村:
海法の声に恐れたか、木々のざわめきはなくなった。

黒崎克耶:
にゃー

晋太郎が横に手を伸ばした。 


久珂あゆみ:
みます

何かに触れているようだ。 


黒崎克耶:
同じくみてみます

晋太郎は引き寄せた。 


久珂あゆみ の発言 :
にゃ

布が出てきた。綺麗なレースだ。 


久珂あゆみ:
おお

黒崎克耶:
おおー

森沢:
「わぁ…」

猫野和錆:
「おお・・・?」

#ちなみに引き寄せたのは、風から布を出しただけで、あゆみではない 


黒崎克耶:
「綺麗ですねー」

久珂あゆみ:
#わかってますよ!

森沢:
#あ、あゆみさん(笑

晋太郎はおめでとうというと、レースを投げて、それをたくさんの鳩にして飛ばした。 


黒崎克耶:
#まぁまぁ(笑

久珂あゆみ:
#カンチガイしてないもんー(笑

黒崎克耶:
「わぁー(目をきらきらしてみてます」

森沢:
「うわぁ…」鳩を見上げて笑います

久珂あゆみv
「わあ!(すてきー)」

ネコリスの一匹が木からずり落ちた。 


猫野和錆:
「わあ・・・・!(鳩を見送りながら)すごいね・・・!」(月子さんの顔をみて

黒崎克耶:
にゃ!

あまりの華麗な技にびっくりしたらしい。 


黒崎克耶:
えっとゆっくりちかづけますか?

月子は当然、という風に微笑んでいる。 


黒崎克耶:
「だいじょうぶー?」

ソウイチローは黒崎の手を引いた。
首を振った。 


黒崎克耶:
「にょ、あ、はーい」

ではやめます

ソウイチローは軽く頭を下げるだけにとどめた。 


猫野和錆:
「さすが月子さんのお兄さんだなあ・・・(かなり納得したように頷く」

久珂あゆみ:
(ありがとうとう気持ちを込めてを晋太郎さんに微笑みます)

黒崎克耶:
同じく頭下げます

続々とあちこちからネコリスが顔を出した。 


晋太郎:
「いえいえ。どういたしまして」

黒崎克耶:
「わー(すごいうれしいです!)」

晋太郎は微笑むと、歌を歌った。

鳩は雲になり、すごい速度で流れ始めた。一時間が千夜になるほどの速度だ。 


森沢:
「ああ…綺麗です」

猫野和錆:
「おお・・・沢山来ていただいてたんだなあ」

黒崎克耶:
「ほわー…」

ソウイチローさんの腕をにぎります

久珂あゆみ:
「わあ…」

猫野和錆:
「・・・(すごい・・・」

ソウイチローは隣を見て少し微笑んだ。 


黒崎克耶:
「ごめんなさい、察せなくて」

ソウイチロー:
「見てみろ」

黒崎克耶:
みます

久珂あゆみ:
同じく見ます

ネコリスたちも上見てる。

口が開いてる。

その数1000はいそうだね。 


森沢:
(ああ、こんなに…)

ソウイチロー:
「美形だと思ったが、ネコリスにももてそうだな」

黒崎克耶:
「うわー…すごーい」

猫野和錆:
「すごい・・・すごいなあ・・・。いかん、語彙が・・・」(呆けて空を見上げながら

久珂あゆみ:
「(歌邪魔しないようにうでにだきつきます)」

だんだん、雲の速度が遅くなっていく。 


久珂あゆみ:
わたしのだもんー

歌が終わった。

晋太郎は頭をさげた。うやうやしく 


黒崎克耶:
「ありがとうございますー(頭をさげます」

森沢:
晋太郎さんに向かって感謝を込めて頭を下げます

久珂あゆみ::
ぱちぱちと拍手ー

海法:
(晋太郎さんにお辞儀して)
「ありがとうございました」

猫野和錆:
「すごいなあ・・・良いものをみせていただいてありがとうございます」
(お辞儀します

黒崎克耶:
「なんていったらいいか…(にゃー」

「感動して言葉がでません」

猫野和錆:
「晋太郎さんはすごいねえ・・・!」

海法:
「それでは、新郎、新婦のお二人、誓いの言葉をどうぞ」

晋太郎:
「よろしければ、僕からも祝いを述べさせてください。読んでいただいてありがとう。どうぞ、幸せになってください」

久珂あゆみ:
(顔みてにこーっとします)

月子:
「晋兄……」

ソウイチローは黒崎を見た 


黒崎克耶:
「ありがとうございます。晋太郎さんには色々とお世話になりました」

ソウイチローさんをみます

ソウイチローは笑顔だ。

ソウイチローは前を見た。 


黒崎克耶:
同じく前を見ます

ソウイチロー:
「あー。俺はあまりしゃべるのは得意じゃない」

ソウイチローは笑顔になった。 


ソウイチロー:
「でもまあ、見知った顔にあえて嬉しい」

ソウイチローはネコリスたちを見て、人を見た。 


ソウイチロー:
「いつかはもっといろんなやつを呼んでやり直してみたい。それまで無事であることを願う」

猫野和錆:
r:お二人を見てうれしそうにしてます

久珂あゆみ:
頷きます

黒崎克耶:
笑顔で聞いてます。

森沢:
胸に手をあてて、そうあれかしと祈ります

海法:
「汝、ソウイチロー・黒崎、黒崎克耶を妻とし、共に生きて共に幸せとなることを誓いますか?」

ソウイチロー:
「はい」

海法:
「汝、黒崎克耶、ソウイチロー・黒崎を夫とし、共に生きて共に幸せとなることを誓いますか?」

黒崎克耶:
「はい!」

海法:
「それでは、ここに、よけ藩国藩王の名と、一同の祝福の元に、二人の婚姻を認めます」

「どうか拍手をもって祝福を」

久珂あゆみ:
「おめでとー!」はくしゅー

猫野和錆: :
「おめでとうございますー!」(拍手します

森沢:
拍手をしながら、涙をぬぐいます

晋太郎は拍手した。月子も 


森沢:
「おめでとうー」

黒崎克耶:
「ありがとうございますー!」

ネコリスも前足を叩いている 


久珂あゆみ:
かわいいですね!!

黒崎克耶:
にゃーかわいいです!

猫野和錆:
「ちゃんとお祝いしてくれてるんだなあ・・・・」

黒崎克耶:
「ありがとうーありがとうーネコリスさんー」

月子は後ろ見て微笑んでる。

小さく手を振った 


海法 :
「では、誓いの口づけを」

ソウイチローは照れながら顔を寄せた。 


黒崎克耶:
では照れながらキスします

キスした。

月子がいっそう拍手した。


久珂あゆみ:
ちょっとテレながら嬉しそうに見てます 拍手ー

つられてみんな拍手しだした。 


森沢:
わぁーおめでとう、おめでとう

猫野和錆:
本当にめでたいなあ・・・!同調して拍手します

黒崎克耶:
にゃー耳まで真っ赤ですー!!

ぎゅーっ

ソウイチローは恥ずかしそうに笑ってるが、もう一度キスした。 


黒崎克耶:
「えへへ(照々」

猫野和錆:
「本当に二人とも幸せそうで良いね・・・!」(月子さんに嬉しそうに声をかけます

久珂あゆみ:
み、みてるほうがてれる(笑

黒崎克耶:
うふふー

海法:
「では、指輪の交換を」

月子:
「わー」

ソウイチローはキスしながら指輪をはめた。 


月子:
「わー!」

久珂あゆみ:
「わー」

晋太郎:
「わー」

黒崎克耶:
同じくキスしながらはめてみますv

森沢:
「うわぁぁぁ」こちらまで耳真っ赤になりそうです

猫野和錆:
「わあ・・・!」

「素敵だなあ・・・」

森沢:
#月子さん、あゆみさん、晋太郎さんも反応が可愛いです(笑

晋太郎:
「(はずかしいひとだ)」

月子:
「(あやー)」

久珂あゆみ:
#そうおもってるとおもいました(笑

森沢:
#えええええ(笑

黒崎克耶:
#いや、そうでないかとw>あの反応

猫野和錆:
#でもいいなあ・・・(自重

黒崎克耶:
真っ赤でニコニコすぎですが

海法:
「それでは、ケーキの入刀を」

「お二人の最初の共同作業となります」

久珂あゆみ:
http://tkt.lix.jp/10/kuro-k.htm

ケーキ再度だしますね

森沢 の発言 :
「うわー可愛いケーキ!」

黒崎克耶:
「きゃーv ありがとうございますー」

ソウイチローはナイフを持った。 


久珂あゆみ:
「喜んでもらえてよかったです(にこにこ)」

黒崎克耶:
その手を握ります


二人でケーキカットしました。

晋太郎は微笑んでいる 


久珂あゆみ:
えへーっとわらってます。

森沢:
拍手します

猫野和錆:
拍手しますー

久珂あゆみ:
ぱちぱちー

猫野和錆:
#本当おめでとうー!

森沢:
#良かったねー本当に良かったねー

黒崎克耶:
ありがとうございますー!

皆が拍手しています。もちろん、ネコリスたちも。

晋太郎は微笑むと、手を叩いて手を広げた。 


黒崎克耶:
「にゃー(真っ赤」

雲が文字になった。 


久珂あゆみ:
わー

黒崎克耶:
おおー

結婚おめでとうとバルカラルの文字が描かれた。 


森沢:
うわぁ…

久珂あゆみ:
よめるのかv

猫野和錆:
「(すごい、派手だなあ・・・)」

黒崎克耶:
よめますかね〜

読めるのは海法とネコリスだね

でもまあ、心は伝わるよ。 


黒崎克耶:
「(ほんわか〜)」

久珂あゆみ:
ええ

海法:
「では会食にうつりましょう。皆さん、どうか、おくつろぎください」

森沢:
r:紅茶を用意します

海法:
(ケーキおいしそうだなぁと思ってた)

猫野和錆:
「紅茶いれなきゃ」

森沢:
#本当は、ゆかりちゃんに紅茶の入れ方を習いたかったんだけれど…

猫野和錆:
r:森沢さんを手伝いますー

晋太郎は微笑むと、ふいと姿を消した。 


黒崎克耶:
「しまった、ネコリスのご飯たりない…」

森沢:
「ありがとうございます、和錆さん!」

海法:
(晋太郎さんにお辞儀しつつ)

猫野和錆:
「いやいや。俺ヘタクソなんで食器用意しますね(ぱたぱた」

とおく、ゆかりが歩いてくるのが見えるよ。 


森沢:
「あ!」

ネコリスの餌を山ほど持ってる。 


黒崎克耶:
「わあー!」

猫野和錆:
「なんと!」(びっくり

森沢:
「わー」

海法:
「わ!」(ネコリスを脅かさないようにしつつ、駆け寄ります)

黒崎克耶:
「こんにちはーゆかりさんー」

ゆかり:
「もう、ばたんきゅー」

海法:
もちます、もちます。

ゆかりは倒れた。 


猫野和錆:


黒崎克耶:
きゃー

ネコリスが支えてる 


森沢:
「わー」

久珂あゆみ:
「こんにちは お久しぶりです」

海法::
ネコリスにお礼を言って、ゆかりを抱き上げます。

森沢:
「ゆかりさん、大丈夫ですか!」

黒崎克耶:
ゆかりさんを見ますがどうでしょう?

猫野和錆:
「大丈夫ですか」

#ダブル医者がw

森沢:
r:あわてて椅子を持ってきます

黒崎克耶:
「大丈夫ですかー?」

重くてつかれてるだけだよ。
それで目をまわしてる。
そうとう急いできたらしい。 


黒崎克耶:
「ありがとうー。こんなに餌もってきてくれて…」

海法:
あ、よかった。
「ありがとう。気がつかなかったよ」

黒崎克耶:
r:お水ももってきます

ゆかり:
「はいー」

猫野和錆:
「俺も、気がまわらなかったなあ・・・」

黒崎克耶:
r:ゆかりさんにわたしますねー>水

「どうぞー」

森沢:
「ゆかりさんも、本当にありがとうございます」いろいろな意味を込めて頭を下げます

ゆかり:
「絶対たくさんくると思ってたんで」

猫野和錆:
#黒崎さん、ゆっくりしててー(笑 今日はお嫁さんなんだからー

ネコリスはゆかりの汗をふいてる。 


黒崎克耶:
にゃー

久珂あゆみ:
r:ゆかりから餌を受け取ってネコリスさんのご飯の準備します

猫野和錆:
「は、紅茶、紅茶いれなきゃ!」

森沢:
ネコリスを怖がらせないように、ちょっと離れてケーキを切り分けます

黒崎克耶:
ソウイチローさんの横にもどります

猫野和錆:
r:とりあえず皆さん分の紅茶をいれますー

ネコリスも手伝ってる>あゆみ

森沢も手伝われている。 


久珂あゆみ:
わあーvv

森沢:
#え?

久珂あゆみ:
「ありがとうー」

黒崎克耶:
「ソウイチローさんも座ってくださいー」>椅子をすすめます

ソウイチロー:
「ん。ああ。すまん」

海法:
ケーキを二つもらってきて、ゆかりのそばへ座ります。

森沢:
(私が怖くないの…?)

黒崎克耶:
#かわいいかわいいv>手伝ってる

ソウイチロー:
「なれないことはするもんじゃないな」

猫野和錆:
r:紅茶を淹れ終わったら終わったらみなさんに配ります。新郎新婦のお二人からー

黒崎克耶:
「いいじゃないですか〜(にこにこ」

久珂あゆみ:
r:自分の鼓動を確かめます

ソウイチロー:
「ありがとう」>紅茶を受け取り

猫野和錆:
「ほんと、おめでとうございますー」(二人に笑いかけて配膳しますー

あゆみの鼓動は高鳴ってる 


黒崎克耶:
「ありがとうー頂きますー」>紅茶を受け取ります

森沢:
(ごめんね、ごめんね、ありがとう…)

海法:
「おつかれさま」

森沢:
r:一番大きなケーキを、まず新郎新婦に配ります

黒崎克耶:
#ちょw皆に均等にしてくださいw

ソウイチローは笑ってる。 


ソウイチロー:
「ずいぶん太れそうだ」

「ありがとう。こいつらと食べるよ」

猫野和錆:
r:皆様に紅茶をおくばりしたら、最後に月子さんと和錆の分の紅茶をもって、月子さんのところにいきます

森沢:
改めて、ソウイチローさんに感謝を込めて頭を下げます

ネコリスがテーブルの下でソウイチローを見てる 


さすが数が多いので、いろいろいるなあ

森沢:
「ほんとうにありがとうございます、ソウイチローさん…」

黒崎克耶:
あー

猫野和錆:
「隣、座っていいかな」

森沢:
r:他の方々と、ネコリスさん達にも、ケーキを配ります

久珂あゆみ:
Q:それはいやな予感からでしょうか?>鼓動

黒崎克耶:
r:では自分もお皿にわけて下におきますね

「ケーキ食べれるかしら??」

ネコリスは和錆のために場所をあけた。

A:自信はない 


猫野和錆:
「あ、ありがとうーネコリスさんたち」(月子さんに申し訳なさそうにしながら隣に座ります

「ごめん、気がきかなかった」

黒崎克耶:
「あゆみさん、晋太郎さんのところにいってあげてください」

久珂あゆみ:
指の感覚を気にしつつ準備を手伝ってます

黒崎克耶:
「ここは大丈夫だと思いますからー」

月子:
「?」

黒崎克耶:
#にょはー

猫野和錆:
「せっかくネコリスさんきてたのに気をつかわせちゃったなとおもって 

月子:
「なんのこと?」

ゆかりはゆらゆらしながら紅茶を給仕しようとしている 


黒崎克耶:
Q:ネコリスはケーキ食べてますかね?

森沢:
「わあ、ゆかりさん、座っていてください!」

海法 の発言 :
r:支えます

A:ええ。ケーキ食べてるね 


猫野和錆:
「あと、紅茶月子さんがいれるよりは全然おいしくないと思う(苦笑」

ゆかり:
「いえ。でも私これくらいしか取り柄なくて……」

久珂あゆみ:
「えーと だ、大丈夫だと思う。@@」

森沢:
「ゆかりさん、私が紅茶を入れますので、できれば、紅茶の入れ方を教えていただけますか?」

黒崎克耶:
「わーすごいですねーソウイチローさん(食べてるネコリスをみてます」

森沢:
「陛下…海法さんが、いつもいつも、ゆかりさんの入れる紅茶は最高だ、と仰っておられるので」

月子:
「あ。なるほど。てっきり晋兄のことかと」

森沢:
「おいしい紅茶の入れ方を、教えていただければ嬉しいです…」

猫野和錆:
「ん・・・?晋太郎さんどうしたの?気づかなかったのだけど・・・」

久珂あゆみ:
「ゆかりさんありがとうございます>お茶」

月子:
「まあ、たぶん、今頃遠くで、倒れて寝てると思う」

ゆかり:
「がんばります・・・」

猫野和錆:
r:医者の顔になります

ゆかりはゆらりと幽鬼のように給仕してる。

がく 


海法:
「わー」

森沢:
「って、それどころじゃないですね、ってゎー」

海法:
r:捕まえます

黒崎克耶:
「にゃー!」

ネコリスが支えた。 


海法:
「ありがとう」

久珂あゆみ:
l:ゲーム後のあゆみの行動=家に帰ったらひざまくらしようと決心します

月子:
「みんな張り切りすぎなんだから」

海法:
r:引っ張ってって、席に座らせます。

猫野和錆 :
「俺、晋太郎さんのところいかなくて大丈夫かい?」

月子は微笑んだ。

通らない>あゆみ 


久珂あゆみ:
とおらなかった!

黒崎克耶:
「皆無理せずにー(おろおろ」

海法:
「ケーキ、おいしいよ?」

ゆかり:
「すみません・・・」

ゆかりはしょげた。 


森沢:
「ゆかりさん、本当にありがとうございます」

黒崎克耶:
「ゆかりさんも一緒に飲みましょう〜」

月子:
「ええ。一緒に!」

森沢:
r:うう、へただけど、紅茶入れます

久珂あゆみ:
「和錆さん 遅くなりましたが先日は有難うございました(治療のことです)」

「月子ちゃんも迷惑かけてごめんなさい」

黒崎克耶:
「お茶は皆でいれたらいいし(にこにこ」

猫野和錆:
「そうしましょう(にっこり笑って」

久珂あゆみ:
「そうですね(一緒に」

海法:
「うん」

猫野和錆:
l:式が終わったら、月子さんに教えてもらって、晋太郎さんの介抱に行きます

/*/

黒崎克耶:
l:式が終わったらお姫様抱っこして家につれてかえってもらいます

芝村:
はい。お疲れ様でした。

黒崎克耶:
お疲れ様でしたー

久珂あゆみ:
お疲れ様でした

森沢:
お疲れ様でした

猫野和錆:
お疲れ様でしたー

黒崎克耶:
お姫様抱っこ…(苦笑)

芝村:
ははは。
きっとやってくれるさ

森沢:
あーブーケ

黒崎克耶:
わーい!(笑)



久珂あゆみ:


猫野和錆:
ブーケトスしてないね、そういえばw

森沢:
ゆかりちゃんに…

黒崎克耶:
わすれてましたw

久珂あゆみ:
ゆかりがキャッチしたということで

黒崎克耶:
すっかりーw

海法:
こー演技が悪いから言わなかったが

黒崎克耶:
キャッチ(笑)

海法:
敵が攻めてこなかった、最初の結婚式(笑)

黒崎克耶:
Σは

久珂あゆみ:
ははは

森沢:
いや、途中までびくびく警戒していました

猫野和錆:
よかった・・・w

海法:
※いや、あおひとさんのは別に攻めてきたわけじゃなかったが

久珂あゆみ:
orz まだガクガクしてまs

黒崎克耶:
そう言われたらそうかも;

久珂あゆみ:
お茶会は成功でよいでしょうか

森沢:
(ネコリスが沢山増えていてくれて、本当に嬉しい…)

黒崎克耶:
結婚式w

久珂あゆみ:
けっこんしきもv

黒崎克耶:
ものすごい増えててよかったー

森沢:
晋太郎さん、大活躍下さってありがとうございますー

猫野和錆:
なんか俺が一番気が使えてなかった気がするぜ・・・ごめんよー

黒崎克耶:
そのうちよけ藩はネコリスにのっとられ(´・ω・`) v

久珂あゆみ:
*久珂夫婦の手作りウェディングケーキの効果 = このアイテムを使ってお茶会をすることができる。
*久珂夫婦の手作りウェディングケーキの効果2 = お茶会に成功すると参加した人の記憶に幸せな思い出として残る

↑特殊にいれておいたのよv

黒崎克耶:
おおー

森沢:
あ、結婚式は成功…でいいのでしょうか?

久珂あゆみ:
ネコリスにもいい思い出になるなーと

黒崎克耶:
そうですねー!>思い出

芝村:
結婚式は成功でしょう。

黒崎克耶:
よかったー

森沢:
Qで出さねばならなかったです…あ、ありがとうございます

うわぁ、良かったです

黒崎克耶:
あ、芝村さん、ソウイチローにEV118のお疲れ様ってことでお酒渡せませんか;

手紙代がないですorz

芝村 の発言 :
許可しよう>黒崎

黒崎克耶:
ありがとうございますー!

お酒
http://p.ag.etr.ac/cwtg.jp/bbs2/.20145

猫野和錆:
. はいってるよー

黒崎克耶 :
これが購入根拠です。ありがとうーとメモはっといてもらえたら嬉しいです;

ぎゃー

海法:
http://cwtg.jp/bbs2/wforum.cgi?no=20145&reno=19382&oya=19382&mode=msgview

こっちね。

黒崎克耶:
すみません

いつのまに. がはいったのかしら@@

猫野和錆:
ドンマイ

森沢:
(周りのらぶらぶワールドに、砂糖漬けにされました(笑

芝村:
はい。では解散しましょう。お疲れ様でしたー

黒崎克耶:
お疲れ様でしたー!

久珂あゆみ:
ありがとうございました

海法 :
おつかれさまでした

森沢:
お疲れ様でした、ありがとうございました

久珂あゆみ:
黒崎さんよんでくれてありがとー

猫野和錆 の発言 :
お疲れ様でしたー!

黒崎克耶:
お疲れ様でしたー!


/*/

秘宝館イラ:アポロさん

秘宝館2回目:アポロさん

秘宝館SS:日向美弥さん

秘宝館2回目:高原さん

オマケでいただいたもの





/*/

■過去のお話へ→ ■家の前でのんびりと(33)→



月別リンク

森の中の結婚式(31、32) KUROSAKIあいどれす/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる